文箱

2012.03.23.Fri.18:55
暖かくなることを期待してたら、冷たい雨になってしまいましたね。
もうそろそろ暖かくなってもいいんじゃないの~って感じですよね。
暑いのは苦手なので、このまま夏も遅れてやって来るなら、これもいいかって思うのですが、きっとそうはいかないんでしょうね。

今日は、お出掛け予定のない1日。
カルトナージュ、しなければ!
いつもバタバタで納期に追われてます。

今日作ったのは、こちらの文箱。
diary20120323-01.jpg
いや、本当は文箱というには小さいかもしれない。
お裁縫箱だったり、いろいろ多目的に使っていただきたい箱です。
イメージは、文箱ってことでね。

diary20120323-02.jpg
横から見るこの角度も好きです。
メインはフタの柄ですが、本体との柄合わせもお気に入りの仕上がりなのでね。

一応、内側もね。
diary20120323-03.jpg
いつも以上に気を使って仕上げています。

その訳は。

の、前にもっと基本的な説明を。

何度かご紹介しているこの生地ですが、これは、江戸型小紋の生地です。
この生地を染めているのは、三橋工房の三橋先生です。
私がどんなに言っても、そのすごさは伝わらないと思いますので、詳しくはこちらをご覧ください。

ご縁がありまして、数年前から先生の生地を使っての作品作りをさせていただいております。
たくさん作る必要がある時は、大変なのですが、あまり手にすることができない生地を見ることができたり、すごいお仕事のお話をいただいたりと、楽しくお仕事させていただいています。

今日作った箱も、先日ちょこっとご紹介した箱も、美大の学生さんのアイディアから生まれたもので、2月に開催されたギフトショーに出品もしていただいておりました。

そして、この度、また大きなお仕事のお話が。
4月6日から丸の内の三菱一号館美術館で開催されるKATAGAMI Style世界が恋した日本のデザインのショップで販売が決まりました。
どの作品をどんな風に並べていただけるのかは、大きな話過ぎて、私には分かりません。
きっと隅っこにひっそりと置かれてるんだと、期待しないようにしていますが、私の作品の晴れ姿、楽しみです。
販売も私の作品としてではなく、先生の作品としての販売ですが、それでも十分な晴れ舞台です。
いつも以上に、作品作りに気合が入る訳なのです。

この展覧会自体も、なんだか面白そうで、私も出掛けてみたいなっと思ってます。
ブリックスクエアのショッピングも大好き(あっ、見るだけのパターンが多いけど)。
桜が遅れてるお蔭で、皇居外苑のお散歩もちょうどいいかもしれませんね。
4月の楽しみが、また1つ増えました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村
コメント
みほこさん

こんばんは~♪
とても素敵な刺激的なお仕事ですね!!
もう、尊敬致します^^

ここでコメントを残すのが失礼なほど無知な私ですが、ますますのご活躍を応援しています!!
頑張って下さいね(*^_^*)

ゆう
>ゆうさん
いえ、いえ、いえ、私もよく分からない世界ですから~。
分からないまま、とにかく頑張るって感じなのです。
自分の力だけじゃ、きっと出会えない人たちに作品を見てもらえる機会かなってます。

とにかく時間がないことに困ってますが、がんばります!

管理者のみに表示