ステキな洋書たち

2012.03.15.Thu.00:17
今日は池袋に出掛けました。

来週の製本洋室の課題で使う古本を調達に。
でも、池袋で発見できない可能性もあるから、古本の街・神保町まで足を延ばそうかとも考えていました。
ちょっと面倒だと思いつつも、行ってみると、池袋の1軒目の古本屋さんでお目当てを発見。
シリーズで何冊もある本で、その中から1冊買えばよいことになっています。
あまり興味のない本なので、特別なこだわりはなく、1軒目で出会った本をすぐに購入!
で、あっという間に今日の用事は終了!!

そのまま、さくっと帰ればいいのですが、そうはできないのが私。
ついでに色んな本を物色。
この古本屋さんは、池袋サンシャイン通りにあるBOOKOFF。
と~っても広くって、かなり楽しくなっちゃいました。
結局1時間以上は、うろうろしたと思います。

そして、当然のようにお買い物も。
洋書2冊買いました。
diary20120314-01.jpg
当然英語なんて読めないのですが、ステキな写真満載なところがお気に入り。

1冊は、なんとなくいい感じの表紙に魅かれてパラパラとめくってみたのですが、見覚えある写真にもう1度タイトルを確認して気がつきました。
すっごい偶然。先月買ったキャスキッドソンのヴィンテージスタイルの原本でした。
和書の中にキャスキッドソンの文字があると、とても目立って見えるのに、洋書のあまり理解できない英語が溢れる中にCATHKIDSONの文字があっても、私の目には全く入ってきていませんでした。
それでも、表紙をめくってしまうキャスキッドソン、やっぱりスゴイんだと思う。

diary20120314-02.jpg
せめて表紙が同じならすぐに気付いたんでしょうけど、全く違います。

もう表紙をめくった見返しの紙も、かわいい
diary20120314-03.jpg
たしかこのテキスタイルもありますよね。
もっと淡い色だったかな。紙だから発色がいいのかな。

当然ながら、和書の方は再編集版な訳で、同じ写真が使われてます。
diary20120314-04.jpg
洋書では、大きな写真が、和書では小さくなってたり。
やっぱり、今の日本人好みに編集されてるんだなって、感心しちゃいました。

そして、私が一番気に入った、机の下に無造作に積み上げられたカルトナージュの箱たちの写真。
diary20120314-05.jpg
これは、和書の方が大きい。
私、見る目があったのかもって思ったりして


もう1冊買ったのは、テーブルクロスの本。
diary20120314-06.jpg
とってもステキなヴィンテージテーブルクロスがたくさん写真入りで紹介されています。

バラ柄シリーズに
diary20120314-07.jpg

チューリップ柄シリーズ
diary20120314-08.jpg

キッチン柄シリーズ
diary20120314-09.jpg

本当に見てるだけで、あれもこれもかわいい。
幸せ。

見るだけどころか、置いてるだけでステキと思ってお買い物したのでした。


もう1冊、欲しいと思った本があったのですが、これだけで結構重かったので、あきらめました。
が、しっかりと重い、この2冊を持って、他にも寄り道して帰ってきたので、本当に疲れた。
なんだか重いお買い物になること、多いなぁ~なんて思っちゃいました。
先月も重いお買い物の話題ありましたよねぇ
ちょっと反省しつつも、かなりたくさんの本があって楽しかったのと、お安く買えたことに味をしめて、また行きたいと思っているのでした。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村
コメント

管理者のみに表示