+ひと工夫

2013.04.26.Fri.11:28
先日作った卓上サイズのごみ箱。
ちょっとひと工夫してみました。

20130426-01.jpg
ただ蓋を付けただけですけど。

でも、これが結構大切。
卓上ごみ箱なので、湿ったごみを入れることは想定していないのですが、それでも布張りの内側が汚れることは気になりますよね。
私自身が使うものなら、汚れたら作り替えればいいだけのことなので、そんなに気にしないのですが、販売商品となれば違います。
内側をスキバルなどの表面がコーティングされているものを使えば、かなり問題はクリアされると思うのですが、残念ながらあまり私の好みじゃないんですよねぇ。

で、いちばん簡単に問題をクリアする方法は単純に
20130426-02.jpg
内側にビニール袋を入れること!

でもこのままでは、さすがにカッコ悪いので、フタが必要になるんです。
20130426-03.jpg
ちゃんと縁に掛けたビニールの端が隠れてくれます。

これでウエットティッシュを捨てても、ボンドが付いた切れ端を捨てても安心です。
ごみ箱自体のサイズも、ビニールにピッタリでした。


調子に乗って、大きなサイズも。
20130426-04.jpg

どれだけ大きいのかと言うと
20130426-05.jpg
高さ30cm近くあります。

もともとこの形は植木鉢を参考に作っています。
観葉植物が植わっていたのですが、植物の方は枯れてしまい、鉢だけになり、使わないながらも取って置いてあるのですが、常々ごみ箱にちょうど良さそうだと思っていたのです。
で、原寸大サイズでごみ箱にしてみた訳です。

で、このごみ箱の内側は、白。
お気付きだと思いますが、内側は貼りませんでした。
自分用だし、必要ないと思ったので。

こちらもビニール袋をセット。
20130426-07.jpg

蓋も作ったので、同様にビニールの端は隠れます。
20130426-08.jpg
さすがに持ち手付きビニールは蓋をしただけでは、端っこを隠すことは出来ませんが、蓋と本体の隙間に押し込めばすべて隠せます。

このマリメッコ風な生地、一枚でいろんな大きさのお花があります。
20130426-09.jpg
なので、後ろ姿もパチリ。
全然印象が変わって、いい感じです。
コメント

管理者のみに表示