今年の習い事はじめ

2017.01.09.Mon.13:09
先週金曜日のことになりますが、1つ新しい事を教わってきました。

それは、ずっと以前から一度教わって見たいことの1つでした。
教わってみたいと思っても、なかなかチャンスに恵まれない事ってありますよね。
そもそも教えてる人がいるのかどうかも分からないことも。

私が教わってきたのは、包丁研ぎです。
職人向けやプロになりたい人向けの本格的なのは、いくつか見かけたことはあるのですが、私にそこまでのつもりは全くなく、ただよく切れる包丁で気持ち良くお料理がしたいだけ。
そんな思いを叶えてくれる講座を発見。
すぐに申し込みしました。
行ける日程を考えると1月6日。
まだ松の内ですよ。
でも、せっかくの機会。行くしかないでしょーって申し込みました。
講座自体も4人満席でした。

最初は、座学。
楽しく、どうすれば良く切れるようになるのか学びます。
次に、実際に研ぎます。

見本を見せてもらい、さらに手取り教えてもらい、後は自分で。
なかなか先生のように上手くは行かず、時間がかかりました。
それでも、ちゃんと切れるようになりました。

切れ味をどう伝えたら良いのか。
多分、買った時より、切れるようになりました。

とりあえず、テレビショッピング風にトマトの薄切り。
すう~と刃が入って行き、キレイに切れます。
ショッピングの観客のおばちゃんの驚きが大袈裟とは思えないくらい、自分自信に感激です。

2本包丁を持って行き、時間は掛かったのですが、時間内に2本とも研ぎ終わる事が出来ました。
大満足。

ウチに帰ってすぐに晩ご飯の準備。
早速、包丁使います。
太めのゴボウもラクラク。
気持ち良く切れます。
ニラなんて、全く力は不要。
切った感触無いのに、切れちゃってる感じ。
調子に乗って料理していたら、包丁の先端に指先がちょっと当たっちゃって。
いつもならそれくらいで怪我なんてしないのに。
指、切りました😅
いえ、実は、切ったことにも、すぐには気付きませんでした。
あれ?指先に赤い物が付いてるぞって、なに?っとなって気付いたのです。
もう包丁を持ってる時は、気を抜いちゃダメですね。って、いつもか。

この感動的な切れ味も、使い続けていくと、また落ちてくる訳で、また研がなくていけません。
早速、砥石はどれを買おうか物色中です。
きっと先生と同じの買うと思いますが、見るだけはタダだからね。

instagramで包丁研ぎに行ったことをアップしたら、みなさん興味があったようでここには、リンク貼っておきます。
砥石を使った簡単家庭両刃包丁研ぎ講座
2月3月はお休みのようです。
その後は、ストリートアカデミーで検索してみてください。



 | HOME | Next »